Local Banishment / 地理的追放


With release 2.15.0 comes a new addition to the Banishment logic. The intent is for a group of people who often play in the same location to be able to get rid of griefers who keep coming back to the same place, to sabotage.

Short explanation for how it will work:

  • We divide the world into a grid of squares, 100x100 tiles large.
  • When you place a Banishment Vote, that vote will live on inside its square for one month.
  • If there are three or more votes against the same player (but from different players) inside the same square, that player will not be able to enter that part of the map again, until the votes expire.
  • A locally Banished player will not get born, reborn or spawn as Eve inside a forbidden area.
  • If a player runs into a forbidden area, they will be teleported out.
  • As a bonus, if you have voted to banish a player, that player can not become your child or your mother, until your vote expires.

Global Banishment and Donkey Town will still exist too. One improvement over update 2.14.0 is that the same player can’t spam-vote the same player ID over and over again. If you have voted to banish someone, you can’t vote again on the same ID inside the same 100x100 square until your previous vote has expired.

ーーーーー

2.15.0のリリースで追放についての新しいロジックが追加されます。この目的は、よく同じ場所でゲームをする人たちのところに、何度も同じ荒らし行為をする人が戻ってくるのを防ぐことです。

その機能を簡単に説明すると:

  • 100 x 100マスの範囲に世界を区切りました。
  • あなたが追放に投票した場合、その投票は一ヶ月の間その範囲の中に残ります。
  • その範囲内で同じプレイヤーに対して3票以上の投票が課されると(それぞれ別の投票者から)、投票の効果が切れるまでそのプレイヤーはマップのその範囲に戻ることができません。
  • その範囲から追放されたプレイヤーは、その範囲内に生まれる、再生する、イブとして生まれる、のいずれも不可能です。
  • もし追放されたプレイヤーが禁止されたエリアに入ろうとすると、そこから飛ばされます。
  • それに加えて、プレイヤーの追放に投票すると、効果が切れるまでそのプレイヤーが自分の子どもになる、また母親になることはありません。

従来の追放とドンキータウンも引き続き存在しています。 2.14.0からの改善は、同じプレイヤーが同じIDに何度も故意に投票することを不可能にした点です。誰かの追放に投票すると、その効果が切れるまで同じ100 x 100マスの範囲の中では再度投票することができません。

7 Likes
2 Likes